紅星占命学part5

おはようございます。
今回は数々のアーテイストそ育てあげ、自ら作曲・作詞し、

巨万の富と名声を得て一時代を築き上げた天才音楽プロデューサーである小室哲哉さんを紅星占命学を占いました。
まず大財産を手に入れる右星が1つ、知性の星である文昌星が1つ、
そして大吉星の一つである紫星が2つありました。
驚くのは紫星の種類です。小室さんの場合、紫星の中で最も大栄誉を得る星で、
そして大富貴も思いのままという内容です。これを2つももっていらっしゃいます。
小室さんの資産は一時期100億円以上の資産があったという話をきくのでそれもうなずける結果が出ていますね。

職業運では無一文から大きなことを成し遂げるタイプで
30代前半ではっきり出るらしいと書かれています。
小室さんは27歳ころから岡田有希子さん、渡辺美里さん、中山美穂さん、堀ちえみさん、伊藤かずえさんなど
そうそうたる歌手に楽曲を提供されていますので、的中しています。
財産運でも少ない金銭でその何百倍、何千倍もの利益を作り、
30代前半でその兆しが現れると記述されていますのでそれも的中していますね!

凶星は特に見当たらずどうしてあそこまで転落されてしまったのかは紅星占命学ではわかりませんでした。
紅星占命学の著者である三浦弘子さんの師匠の著書の「北斗占い」
に紅星占命学では出なかった凶星があったのかもしれません。
しかし大栄誉と大富貴を得るまでは当たっているのでこの紅星占命学の的中率の高さに驚かされました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る